脱毛結果を出すには、やはり機器のメンテナンスも欠かせません。エステ機器も技術の進歩によってだいぶ高性能になってきているようです。

昔は脱毛法といえばニードル脱毛が主流でした、毛は毛根から生えているのですが、それが生きている限りは毛の処理を行っても生えてきてしまうのです。

そこでニードルでは毛根を電流を流すことにより死滅させるのです。そして毛を一緒にぬいてしまいます。毛根を殺すので脱毛方法としてはかなり確実性に高いです。

しかしその痛みは耐えられないものです。私も一度経験したことがあるのですが、ムダ毛のないお肌を目指すためにここまで痛い思いをしなくてもいいと思いました。痛くて涙が出てくるくらいです。

おまけに料金もびっくりするくらい高かったので余計に続けたいとは思いませんでした。

その後レーザー脱毛がはやり始めて現在でも多くの美容皮膚科などで採用されています。

レーザーに関しては医療行為なので医師免許を持っているスタッフがいないようなサロンではやってはいけないことになっています。レーザーも経験したことがありますが、ニードルほどではないもののそれなりに痛みはありました。

そこで脱毛サロンでは光脱毛を採用しているところが多いです。銀座カラーも同じ脱毛法です。これは光を照射することで毛根にダメージを与える脱毛法です。

結果を出すために、銀座カラーで行っているのは入念な機器のメンテナンスです。機器は非常にデリケートにできており、気温や湿度などのちょっとした環境の変化により放出される光の量に影響を与えるのだそうです。
銀座カラー 料金

インフォメーション
TOPPAGE  TOP